ユニオンセンター歯科室ブログ

2020.10.05更新

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋…など、秋を楽しんでいらっしゃいますか?おいしいお米や果物が実る秋はとてもうれしいですねihi  おいしく食事を頂く為にも、悪い歯は治療して口腔内をクリ―ニングしましょう!

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.09.04更新

新しい生活様式の一つで、最近は暑い中でもマスクをつけて外出する方が多いですね。長時間マスクをすることで、口呼吸や口周りの筋力低下などが懸念されています。歯の表面や頬の内側に舌を押し当て、ワイパーのように動かすことで筋力が鍛えられます。この時、口を閉じながら行うのがポイントです。

このトレーニングで口呼吸の慢性化を防ぎ、お顔のリフトアップにもなり、唾液も出るので一石三鳥!です。信号待ちなどのスキマ時間に是非お試しください。

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.08.05更新

7月1日より、本院から衛生士の寺田が異動してまいりました。

人柄、技術共に優れたベテラン衛生士です。

どうぞよろしくお願いいたしますihi

 

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.07.15更新

コロナウイルスの勢いがなかなか衰えませんねnamida

しかし、重篤な症状の方は減っているようです。

これは、年齢の若い患者数が増えているのもあるかと思いますが、若い人はコロナウイルスと誤嚥性肺炎を併発することがほとんどないので軽症で済んでいます。

誤嚥性肺炎を防ぐには、歯のメンテナンスが一番です!歯の数が減ると口の中の筋力や嚥下機能が衰えて、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

定期的なメンテナンスをしっかり受けて誤嚥性肺炎を防ぎ、ひいてはコロナウイルスの重篤化を防ぎましょうnico

 

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.06.05更新

誤嚥性肺炎とは、菌が唾液や食べ物と一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症します。

肺炎は日本人の死亡原因の3位ですが、その肺炎の7割以上が誤嚥性肺炎です。

コロナで死亡した人の多くが誤嚥性肺炎も発症していたそうです。

誤嚥性肺炎の原因菌は歯周病菌です。

よって、しっかり検診を受けて歯周病を治すことが、コロナによる死亡率を下げることになると考えられています。

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.05.18更新

除菌力のある次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸、水を希釈反応させ、塩素濃度50ppm、ph6.5で安定させることで、従来の次亜塩素酸ナトリウムの危険や使いにくいといった欠点をなくし、次亜塩素酸が本来持っている高い除菌効果を「安心・便利」に使えるようになりました。

この除菌水を用い、加湿空気清浄機を使って、診療室内の空気を除菌しています。

体にも肌にも、安心かつ安全ですnico

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.03.09更新

コロナウィルスが猛威をふるっていますね。

当院では、消毒・滅菌を今まで以上に一人一人に器具やグローブ等、すべて交換するのはもちろん、医院内の玄関ドア、水道の蛇口、スリッパや待合室のイス等も、

しっかりと定期的にアルコール消毒しております。

どうぞ安心してご来院くださいませ。

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.02.14更新

急激に広まってい新型コロナウイルスですが、予防にはこまめな手洗い、うがい、アルコール消毒と言われています。歯磨きでお口の衛生を保つことも大事です。

神奈川県では新型コロナウイルス相談専用ダイヤルを設置しています。心配なことがありましたら、早めに相談しましょう。

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2020.01.15更新

新しい年を迎えましたが、皆さまのお口の状態はいかがでしょうか?定期的に検診(クリーニング)を受けて、2020年も健康的なお口の状態を保ちましょう。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者: ユニオンセンター歯科室

2019.12.06更新

今年も残り1ヶ月を切りました。

気温も下がり、皆さま、体調の方はいかがですか?

「今年の汚れは今年のうちに!」

検診やクリーニングのご予約等、まだ空きがございますので、気になることがありましたら、ご連絡ください。

お待ちしておりますheart

投稿者: ユニオンセンター歯科室

前へ